和牛の種類が4種類あることをあなたはご存知ですか?

草原にいる和牛

焼肉店に行くと、比較的安価な国産牛や輸入牛が出されるのがほとんどです。従って、和牛となると高級牛肉の部類に入ると思います。ちなみにそんな高級和牛には、黒毛和牛以外にも赤毛和牛など全部で4種類の和牛が日本の各地で飼育されています。ここでは、そんな和牛の種類や特徴についてご紹介してみたいと思います。

黒毛和牛とは

和牛の90%が黒毛和牛

一般に焼肉店などで食べている牛肉には、和牛と輸入牛それに国産牛とがあります。とりわけ和牛というのは、明治以前から日本で独自的に交配されて飼育されてきた品種をいいます。

また和牛には、黒毛和牛・赤毛和種・無角和種・日本短角種の4品種のみとされており、中でも黒毛和牛は90%以上を占めているといいます。そんな黒毛和牛といえば、やはり黒い毛並と肉質が霜降り状態になっている点が大きな特徴として挙げられます。

黒毛和牛が高級牛肉とされる所以

黒毛和牛の中には、松阪牛や神戸牛などの日本を代表するような高級ブランド牛があります。

それでは、それらの高級ブランド牛が安価な輸入牛とどう違うのかと申しますと、牛肉の脂肪成分の融点の違いが挙げられます。

例えば黒毛和牛の脂の融点は25度で、ホルスタインなどの外来種は31度であるといいます。従って融点が25度の黒毛和牛の場合、手で触っているだけでも脂が溶け出すかもしれませんね。

赤毛和種とは

脂肪分が少ない

赤毛和種とは、熊本県産と高知県産の2種類の和牛がルーツになります。ただし、熊本県産の赤毛和種は、四国や東北・北海道など今や全国各地に拡大されて飼育されるようになっています。

これらの赤毛和種の大きな特徴といえば、黒毛和牛とは違って脂肪成分が少ないという点が挙げられます。

市場ではわずか1%程度

日本で流通している和牛のほとんどが黒毛和牛なので、赤毛和種の占める割合は1%程度といわれています。それだけ、赤毛和種は希少性の高い和牛といえるのかもしれませんね。

ちなみに熊本県などに旅行に行った際には、旅館の夕食に出される牛肉はもちろん赤毛和種です。そして脂肪分が少ないので、ヘルシー志向の人には向いているといえるでしょうね。

無角和種とは

山口県産の角のない和牛

無角和種とは、その名のごとく角のない和牛の種類になり、主に山口県阿武郡で飼育されています。

また、かっては普通の牛よりも成長速度が速いということで、農家では大変人気がありました。ところが、価格が安い外国産の牛肉が市場に多く出回るようになったことから、価格の高い無角和種は次第に淘汰されてしまったというのが現状のようです。

市場では1%にも満たない希少性の高い和牛

無角和種は、見た目は黒毛和牛に似ていますが、角はなく黒毛和牛よりもやや大型になります。そして肉質面においては、黒毛和牛とは違って脂肪部分よりも赤味の部分の方が多くなっています。

従って、霜降り和牛の人気が高まると同時に人気がなくなってしまい、今日市場では1%にも満たないといった希少性の高い和牛となっています。

日本短角種とは

主に岩手県で飼育されている和牛の一品種

日本短角種は、東北地方や北海道などで飼育されている和牛の一品種ですが、その内飼育数の割合でみると岩手県が8割から9割に相当します。

また放牧による低コスト飼育が可能な品種のため、かっては大変人気がありました。ところが近年では、安価な外国産の牛肉に押され気味のところがあります。

脂肪分よりも赤味の部分が多い肉質

日本短角種も赤毛和種や無角和種と同様に、霜降り部分よりも赤味の部分が多い肉質となっています。従って、黒毛和牛に代表されるような霜降り牛肉も美味しいのですが、脂臭さのない牛肉本来の歯ごたえのある肉質が大きな特徴といえます。

その他、和牛に関しての記事はこちら → 日本三大和牛の旨さの秘密に迫る

まとめ

和牛といえば、松阪牛や神戸牛などの黒毛和牛しか思い浮かばないという方が多いかもしれませんね。ところが今回ご紹介したような貴重な和牛が、黒毛和牛以外にも存在するということを知っていただけたのではないかと思います。