ステーキの美味しい焼き方をお教えします

レアのステーキ

ステーキを食べている時というのは、実に幸せな気分になるものです。ただし、ステーキはかなり高価なものなので、お店で思う存分ステーキを食べるということもできません。

そこで、自宅でステーキを手軽に食べるために、安くて美味しい牛肉の部位やステーキの焼き方などステーキ全般のことについて詳しくご紹介いたします。

安くて美味しいステーキの部位

トンビ(トウガラシ)・カイノミ・肩ロース

関東ではトンビ、関西ではトウガラシと呼ばれる肩から腕にかかる部位になります。牛1頭当たり2?程しかとれない希少な部位です。

味については赤身の王道ともいえる部位で、内側には細かなサシが入っています。そして、肩ロースもサシの入った柔らかい赤身肉なのでステーキには適しています。

またカイノミは、背中に近い中バラと呼ばれる部位にありますが、中バラというよりもヒレ肉のような赤身の美味しさや柔らかさを兼ね備えており、しかも脂のしつこさがない上品で美味しいお肉です。カイノミはハラミにも似ていますが、ハラミよりも安価な部位になります。

ハンガーとトモサンカク

ハンガーという部位は牛の横隔膜の厚い部分になるのですが、牛1頭当たり1本・0.5キロ程しかとれません。そのため、中々食べる人も少ないといいます。強いていえば、肉屋さんがよく食べているといった話もあるくらいです。

そしてトモサンカクは、モモのシンタマと呼ばれる部位から少しだけとれる希少なお肉です。牛1頭当たりにすると、2〜3キロ程度しかとれません。その味については、牛のモモの部分というのは脂が乗りにくい部分なのですが、トモサンカクに関しては美しいサシが入っており美味しいと評判の希少な部位になります。たまにお肉屋さんでもステーキ用に出されることがあります。

旨さを決めるのは下準備

肉タタキや切れ目を入れて柔らかくしておく

和牛でも安い牛肉、あるいは輸入牛肉などにはがよくあるので、そのままステーキとして食べようとすると固くて中々食べられません。そのため明らかに筋が見える場合には、包丁で筋の部分を切っておく必要があります。

あるいは包丁の背中の部分や肉タタキで、ステーキ肉全体を叩いておくというのも効果があります。さらには、輸入物の分厚いステーキ肉などは、焼く前の下準備として包丁で切れ目を入れておくというものかなり効果があります。

果汁に浸けこんだり小麦粉を付けて柔らかくしておく

玉ねぎやキーウイフルーツ・梨などを擦り下ろして、そこにステーキ肉を浸けこんで一晩程度寝かしておくと柔らかくなります。

ただし、果汁に浸けこんでおくと甘さが肉に浸み込んでしまう場合があります。そんな場合には、ステーキ肉を焼く前にペーパータオルで果汁を吸い取っておくといいでしょうね。その他にも、小麦粉を薄くステーキ肉にまぶしておくと食べる際に柔らかく感じます。

それから、1日前には冷凍庫から冷蔵庫に移しておきます。そしてステーキ肉を焼く30分前には、冷蔵庫から出して常温に戻しておくということも大切です。さらに塩コショウは、焼く直前にふりかけないといけません。早くからふりかけてしまうと、肉汁と一緒に旨味成分が流れ出してしまいます。

焼き方も注意して

まずはステーキ肉の側面を焼く

ステーキ肉を焼く前には、あらかじめフライパンに牛脂を入れて熱しておきます。その後、フライパンが十分に熱くなったらステーキ肉を入れます。

また、ステーキ肉を焼く順番ですが、まずはステーキの側面を中火で焼くというのがコツです。そうしないと、側面から肉汁が逃げてしまいます。

そして側面に焼き目が付いた時点で、ステーキ肉の表面と裏面を焼き目がつくまで焼くようにします。それから分厚いステーキ肉を焼く場合には、竹串やハシを突き刺して中心部分の温度を調べることができます。ただし、あまり中まで焼きすぎてしまうと固くなるので注意する必要があります。

ステーキを焼いた後の注意事項

焼き終わったステーキは、アルミホイールでくるんで3分〜5分程度寝かすということも大切です。中には、そのまますぐに皿に盛りつけてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。多少面倒なことかもしれませんが、アルミホイールでくるむことで肉汁を中に留めておくことができます。

それと同時に、肉汁が逃げない分だけ肉を柔らかく保っておくこともできるのです。ただし、アルミホイールでくるむと、余熱でさらに肉の内部まで火が通ることにもなるので、レアやミディアム焼きの方はその点も注意する必要があります。

まとめ

ステーキを自宅で手軽に食べるためのいろいろな情報をご紹介しました。ぜひ参考にしながら、美味しいステーキが食べられるように挑戦してみて下さい。